あがり症と緊張

あがり症と緊張とストレスはとても密接な関係です。

初めての人に会ったり人前でスピーチしなければならないと、
それだけでも普通の人はストレスを感じてしまいます。

ストレスは視床下部と言う
自律神経をコントロールする所へ伝わり、
交換神経が刺激されて心拍や体温や血圧まで上昇させてしまいます。

そんな状態を緊張と呼び、
その緊張が不安になりあがり症に成ってしまいます。

緊張はあがり症の原因でもあり症状でもあります。

あがり症と緊張は何気に緊張をしていただけなのに、
順番待ちや度忘れなど、
その時の環境の変化などで緊張が次第に増し、
不安へと変わってあがり症になってしまうという
悪循環からいきなりなってしまったりします。

しかし緊張から開放され良い結果を得た時は、
逆に自信がつく事もあるので
軽い緊張感は悪いと言うわけでもありません。

あがり症も緊張も自分に自信を持ち、
不安から開放する事によって克服できるものです。


スポンサード リンク

あがり症を克服する為の情報サイトです。