あがり症の薬

あがり症の薬といっても様々で市販薬も売られています。

鎮静剤や不整脈や抗不安剤などと、
それぞれ違った効果があり、
自分に合った症状からもあがり症の薬は違ってきます。

一般的にあがり症の市販薬は効果が穏やかで、
逆に効かないと感じる事もあるでしょう。

しかし飲んでいるから安心と自己暗示をかける事は、
心の不安を取り除く事には大切なので、
あがり症の薬として御守り代わりに飲むのも良いでしょう。

また余り強いあがり症の薬を飲んでしまって、
依存してしまうのも良くありません。

最近は依存度の低いあがり症の薬も開発されて、
精神科や心療内科では進んで使われています。

鎮静剤や抗不安剤などは不眠症やうつ病にも処方される薬で、
心を穏やかにする為に眠気を伴う薬が多く、
運転をする方や仕事中眠くなると困ると言う方には
ちよっと困ってしまいます。

こういったあがり症の薬に用いられる抗不安剤は、
海外製品がほとんどでしたが、
最近では日本製のデパスという薬が良く処方されるらしく、
知り合いでも何人かが飲んでいます。

それだけあがり症の薬も一般的に成ったのでしょう。

いずれにせよ副作用や依存性など考えると、
精神に作用する薬だけにあがり症の薬を飲む際は、
きちっとした医師の指導のもとに、
自分に合ったあがり症の薬を処方してもらうことが
一番大切なことです。


スポンサード リンク

あがり症を克服する為の情報サイトです。